現場にて

暮らしやすさをカタチに。

「住まいのいろいろコンサルタント」

小境 弓です。


本日は、現場打ち合わせでした。

電気配線、照明の確認。

先日、上棟した物件も

瓦・サッシが付き

家らしくなってきました!

うちのような

最初から最後まで

お客様との打ち合わせを

ガッツリ行う設計事務所で、

家を建てるメリットのひとつは

現場をお客様と一緒に確認しながら

疑問や要望に応えれる点にあります。

図面上では、理解しづらい部分も

建ててから

「こんな筈じゃなかった」と

なりたくありませんものね。


照明の位置ひとつでも

お客様にも納得して頂いて

決めていきたいと思っています。


こちらは、もう1軒での一コマ。

吹き込む前の断熱材が積んでありました。

壁はもう施工してあり

天井用です。

セルローズファイバーという

新聞紙をリサイクルした充填式の断熱材で

断熱・調湿・防火・防音・防虫にも

優れた商品です。

デザインだけではなく

表面に見えてこない

「優しさ」のような物も

大切にしたいですね。


はぐくむ暮らし

「住まいのいろいろコンサルタント 小境 弓」が、住まい 暮らし 収納 間取り インテリア 新築 リフォーム の相談を承ります。誰かのお役に立てますように。愛知県春日井市 一級建築士事務所木ぐみ舎 こざかい ゆみ(レジデンシャルオーガナイザー® 整理収納アドバイザー2級認定講師 二級建築士 インテリアコーディネーター )

0コメント

  • 1000 / 1000