姿見

暮らしやすさをカタチに。

「住まいのいろいろコンサルタント」

小境 弓です。


先日に引き続き

クローゼットネタをひとつ。


全身が映る「姿見」って持ってますか?

意外にも、持ってない方も

多数いらっしゃいます。

洗面の鏡で済ますとか

玄関先の鏡で済ますとか…。


先日の「服のちょいかけ場所」と共に

私がおススメしているのは

姿見なんです。


年齢を重ねると、急に

今までの服が似合わなく感じる時が来ます。

それは肌のくすみなどから

顔映りが悪くなったり

微妙な体型の変化だったり…

ズバリ “老い” という事が

徐々に現実味を帯びてくるのです。

その現実を見て見ぬフリをしない為にも

全身映る鏡は必要と考えます。


今、持っている服は

今の自分に合ってますか?

昔の服、今も似合うと思い込んでいませんか?

全身のバランスを

最近チェックしてますか?


今の自分に似合う服

クローゼットの中身を見直し

ワードローブ計画を立てる


いくつになっても

おしゃれを楽しもう!

その気持ちを映すのが

姿見だと思うのです。

はぐくむ暮らし

「住まいのいろいろコンサルタント 小境 弓」が、住まい 暮らし 収納 間取り インテリア 新築 リフォーム の相談を承ります。誰かのお役に立てますように。愛知県春日井市 一級建築士事務所木ぐみ舎 こざかい ゆみ(レジデンシャルオーガナイザー® 整理収納アドバイザー2級認定講師 二級建築士 インテリアコーディネーター )

0コメント

  • 1000 / 1000